上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
基本的に努力だとか頑張ろう的な言葉はあまり好きではありません。
 
 
 
最終的にはどれだけ努力したかどうかに繋がるというのは知っています。
 
 
 
 
ただ、努力した分だけ結果もいいとは限りませんし、努力したかどうかって結果を残して初めて周りが認めてくれるものだと思っています。
 
 
 
 
イチローなんかがいい例ですね。
 
 
 
 
彼は天才と周りから称えられます。それと同時に彼は誰よりも練習し、努力していると聞きます。確かにそうでしょうね。
 
 
 
 
では、こういう場合はどうでしょう
 
 
 
 
とあるところにイチロー以上に練習をして努力している野球選手がいます。でも、彼とは違ってたいして結果を残せていません。
 
 
 
 
ただ、周りは、そんな人を努力していると思うでしょうか。まず、努力していることを認めてくれない人が多いでしょうね
 
 
 
 
 
要は努力をどれだけしたかが重要なのではなくてそれと同時に要領の良さやセンスも中には必要と思うからです。
 
 
 
 
だから、自分はあまり努力だとか頑張るという言葉があまり好きではないんです
 
 
 
俺って捻くれてますね
 
 
 
 
 
ただ、結果がどうとか関係なく諦めずに努力することこそに意味があるそういうのが中にはあるのも事実だと思います。
 
 
 
 
 
 
例えば、リハビリ。いくら周りが一生懸命になっててもリハビリをする本人が頑張らないことには全く意味がありません
 
 
 
ダイエットとかもそうですね
 
 
 
 
富や名声を得るとかではなくて、やらねば自分自身に大変なことが返ってくるようなことは結局のところ己が努力しないことには何も始まらないと思うからです。
 
 
 
 
そういう考えで行くと恋愛や結婚も似たようなものなのかもしれません。
 
 
 
 
 
ある日、いつかの笑っていいとものテレフォンショッキングでえなり君とタモリさんがいいことを言いました。
 
 
 
 
えなり君は結婚したいそうなんですが、彼曰く自身はモテないそうです。
 
 
 
そんなえなり君がこんなことを言いました。
 
 
 
 
『モテない人はモテる人以上に努力しないでどうするんだ』と。
 
 
 
 
そして、一言一句は忘れましたがタモリさんもこのようなことを言ってました。
 
 
 
 
『とにかく男はエントリーすることが大事たとえ相手にもこみちとかがいたとしても。選んでもらうのは向こうなんだから。』
 
 
 
 
 
最近、自分もそうなんだろうなぐらいには思ってましたが、なんか彼らの会話を聞いてて確信に変わりました
 
 
 
 
 
 
今までの自分は『そのうちチャンスが来るさ』とか『出会いもないし、アプローチの仕方もわからない』とか言い訳してただ待つばかりで何もアクションを起こしていませんでした。
 
 
 
 
でも、そのうち『チャンスは待ってても来ない。』と思いました。実質、待ってても何もチャンスなんてきませんでした。
 
 
 
 
 
結局んところ、チャンスって待つんじゃなくて自分から作るしかないという考えに至ります。男なら尚更だし、周りに合コンをしょっちゅう開いてくれる友達がいるとか親がしつこいぐらい見合いさせるような環境でもない限りはもう何回フラれようが、とにかく行動を起こすしかないんだなと
 
 
 
 
 
 
 
そして、結婚できる人できた人と結婚できない人の差ってモテるモテないの差じゃなくて努力したかしないかの差なんだろうなと。
 
 
 
 
同じ結婚してない者同士でも結婚を諦めずに努力している人とハナから諦めて何も努力していない人でも差がでるんじゃないかと。
 
 
 
 
 
 
 
そんなこんなで、
 
 
 
 
 
婚カツ始めました
 
 
 
 
 
なんか秋田県は婚姻率、出生率ワーストらしく、それを何とかするべくなのか秋田県で出会い事業をやっています。バックに秋田県の商工会議所とかもいたし、お金も3年で1万円と格安それに安心して、登録してきました
 
 
 
 
 
まあ、いずれいい人できるといいな
 
 
 
 
たまに周りから『どんな娘が理想なの?』とか聞かれるときありますが、そんなのありませんないと言えば嘘になりますが、欲を言い出すとキリがないからです
 
 
 
ただ、一つだけ言うとしたら気を遣わずにありのままの自分を受け入れてくれる人
 
 
 
 
 
最終的にそれが一番だと思います
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。