上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺がアイドルグループでBerryz工房とももいろクローバーZを絶賛する理由48系グループや℃-uteを好きになれない理由というよりもアイドルグループで重要視する要素というものを綴ろうと思う。



アイドルグループに一番に求める要素。それは可愛さかと言えばNO



単純に自分好みのかわいい女の子を揃えたグループって人によっては理想かもしれない。ただ、そういうグループって味気ないと思うんですよ。それ以前にアイドルグループにこだわる理由もなくなる。ただ、かわいいだけを求めるなら芸能人なら女優さんや普通の歌手でもいい。芸能人でなければ街を歩いてる姉ちゃんや悪い言い方をすればキャバクラ嬢や風俗嬢の女の子にもかわいい姉ちゃんがいるかもしれない。要はかわいいだけなら芸能人にこだわる理由がないように思ってしまうのだ。




それでも可愛さにこだわるなら、個人的には人によって好みがバラけるぐらいがちょうどいい。極端な言い方をすればルックスに関しては人によってはかわいいという人と かわいくないなぁと思う人に二分されるようなメンバーを集めた方が面白いと思う。そっちの方がメンバーはもちろん、ファンにも個性が出る。逆に言ってしまえば、48系は人数の多さも手伝っているせいもあるが、全体的に統一感の強いかわいい女の子を集めてしまっているようなものを強く感じるのだ




では、楽曲主義かと言われるとそうでもない。



まあ、アイドルの音楽はダメと偏見を持っている人にはアイドルの音楽も実は音楽性の高いものが下手な歌手よりも多いということをアピールしたい


その反面、逆の想いもある。一般的な歌手でもやっぱり音楽性に優れた曲を作れる人は大勢いるからだ。なので、アイドルに求めるのは楽曲の良さが一番とは言えない。重要な要素ではあるけどね。





じゃあ、歌のうまさやダンスのうまさかというわけでもない。楽曲のとこと似た内容ではあるが、アイドルでなくても歌やダンスのうまい人は多いからだ。



まして、ダンスなら最近は踊れるところは多いちょっとうまいぐらいでならダンスでずば抜けてるとは言えない。他を圧倒するぐらいでないとダンスのうまさで誇るのは無理がある


その辺が℃-uteをあまり好きになれない要素の一因でもある。ただうまいだけでは特徴らしい特徴と呼べなくなってきたから。


それに℃-uteはプラチナ期と呼ばれる前のモーニング娘。の音楽性と雰囲気が似てる。確かに技量はハロプロではどこよりもあるかもしれないが、ベリとは違って一線を画すというよりはモーニング娘。の延長線上という感じが強くハロプロ以外も含めて℃-uteならではの面白みを感じ取れないところがある。





そして、最近ももクロを好きになって思ったのだがアイドルグループで一番なのって『元気さ』なんじゃないかと思う。一般的なアーティストさんでも『元気さ』ではアイドルというカテゴリーの音楽には勝てないような気がするのだ。



そういう意味で行くとBerryz工房やももクロは『元気さ』では乱立するアイドルグループでは1、2を争うと思う。



ももクロは、ゴーイングマイウェイの象徴ですよね全力でバカをやるから面白い。全力でバカをやるには『元気さ』が根本にあるから。初期の彼女らはまるで知りませんが、初めて見たときは楽曲も手伝ってかこのバカとも思えるような元気さに惹かれました




Berryz工房も『元気さ』では負けてないと思う。ベリの場合は、キャラクターやシルエットが見事なまでにバラバラなのが見てて面白い。ただ、ここで注目したいのは『彼女らは幼い頃からデビューしてメンバーがほとんど変わっていないこと』。幼い頃から一緒だからケンカもしただろうが、お互いを理解した上で今日まできている。それがあるからか安心感があり、彼女らのライブはアットホームだ。そういうものが背景にあるからこそ彼女らは他のグループ以上に元気さを前に出せてると俺は思っている。ある意味、老舗中の老舗と言えよう。



それに何気にレンジャーものだったり落語家だったり共通の要素多いですよね



更にもっと昔を掘り下げると『そもそもモーニング娘。の何に惹かれてファンを始めたのか』ということを今になって考えると、『元気さ』だったと思うんですよね。



ごっちん卒業紺からのファンですけど、当時は人気が世間的にあったせいもあるかもしれませんが、今思うと当時はももクロに負けないぐらいの弾けた元気さがあったような気はするんですよね。そういう意味で行くと当時のモーニング娘。からせいぜい青空時代までのモーニング娘。は元気があってなんだかんだ言っても楽しかったよな



懐かしいな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。