上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




本当はラストぐらいあなたに会いたかった!!



今年最後の更新が風俗のネタで申し訳ない


風俗の世界では珍しくもないことではあるが、今年いっぱい(正確には今月30日)で盛岡のLというデリヘルのNちゃんがやめてしまうらしい。こういうのって大抵はいつの間にか辞めてることの方が多いのだけど、彼女は割とまめに店のブログをやっていて久しぶりに見たらこのことが書かれていた。



いつかはこういう日が来ることは覚悟していたが、いざその日が来るとなると悲しいものだ。Nちゃんはトータルで4~5回ぐらい呼んだことあるけど、今まで会った風俗嬢の中では1、2を争うほどだ。気さくで優しいお姉ちゃん的な人で彼女と会うことで元気がもらえた。



初めて会ったとき、実は彼女を指名したわけではないんですよ。別の娘を指名してたんだけど、盛岡へ向かう途中、その娘が『女の子の日が来た』とかだったかでドタキャンになって気をきかせた店側が変わりの女の子を用意してくれた。それがNちゃんだった。


しかも、初めて会ったときは、自分の誕生日の日(誕生日お盆でどこにも行けなかったんだよ)で気を利かせてホテルのスイーツでお祝いしてくれた。この時はすげー嬉しかったのを覚えている。お店の人もいい仕事してくれたよってね。



本当はね、彼女のラスト出勤である今日、自分も休みだったから彼女に会いたかった。でも、叶わなかった。この季節特有の雪の問題がついて回った。積雪や路面の凍結は勿論、秋田~盛岡間は急勾配の峠越えが待っている。天候も微妙で読みづらく、雪による嫌な思い出もあり、敬遠してしまった。高速道路という手も考えたが、全く雪や凍結の心配がないわけではない上、どうしても北上から盛岡へ北上という遠回りルートになるという点も結果、水を指してしまった。せめて、今年度いっぱいなら3月頃に頑張って行けそうだったんだけどね。




ラストに会うことができなかったのが悔いだけど、本当に今までありがとう♪この思い出は絶対に忘れないから







それにしてもお気に入りの娘がやめてしまうのはやっぱり悲しい。アイドル同様いつまでもできることではないとは言ってもね。



何気にこういう風俗遊びって一種のギャンブルに近い。初めて入る並びに呼ぶ娘でウマの合うかわいい娘だったらいいのだが、モヤッと感の残る娘が来てしまったら金をどぶに投げた気分になる。ただ、こればかりは呼んでみないとわからない。だからこそ、何度も呼びたくなる娘の存在ってかなり貴重である。



特に地方になればなるほどそれは実感させられる。東京など都会になればなるほど店の数もどこを選ぶかで迷うぐらい多い。多くの店があるということはそのジャンルで需要があり、競争力があるということになる。つまり、女の子にマナーなど教育がしっかりしていることになる。



裏を返せば地方になればなるほどその教育が不十分で競争力がないということになる。秋田なんてひどいもんですよ。女の子にムカついたことも少なくない。噂じゃあ、秋田は差し替えも頻繁にあるらしいし。



それを考えると秋田よりはマシだが、盛岡でNちゃんに出会えたことは非常にありがたかった。うーん、今後、仙台まで行かないにしても秋田や盛岡あたりでお気に入りの娘に出会えればいいが。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。