上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近、Twitterばっかやっててブログ更新してねえな。まあ、長文を打ちたい以外はTwitterの方が気楽だしな。



というわけで気が向いたので水族館紀行とでもいきましょうか。



今回は我が秋田県が誇る男鹿水族館GAO






AC★
SH★★★★★
CP★★★★★
PF★★★


評価はこんな感じ。この男鹿水族館の最大の欠点はアクセスにあります。男鹿の駅からもかなり遠い。ルートは大きくわけて2つ。1つは男鹿半島の外周を回るコース。海岸線を楽しみながら行けるが、時間がかかりやすい上、日本海すれすれを走る断崖絶壁のコース。もう1つはなまはげラインルート。男鹿半島の中を行くコースでルート的にはこちらの方が車で走りやすくいくらか崖コースよりは時間も早いが、海からはかなり離れるルートなためあまり面白みを感じない。シャトルバス出てるかもしれないけどアクセスの悪さは加茂水族館以上のものがある。



それ以外は、全体的に良好。増税になって入館料が100円上がって1100円になったが、それだけの価値はある。


シロクマをメインにしているが、ここの水族館の最大の魅力はシロクマよりも入場してすぐにある巨大なアクアリウムにある。これだけ大きくてマリンブルーに澄んだアクアリウムってどこにもあるのかなと思ったらそうでもないんですね。このアクアリウムの前でぼんやりとした時間を過ごすのもいいですよ。


パフォーマンス自体は普通。どこの水族館にもある感じですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。